誰にも相談出来ない!包茎の種類と治療の必要性

包茎には特徴の異なる3つのタイプがある?

包茎は症状の特徴によって3種類に分けられるって知っていましたか?最も多い仮性包茎は、平常時は亀頭が包皮に包まれていますが、勃起時には痛みを感じる事なく亀頭を露出させれます。カントン包茎は、包皮口が狭く包皮を剥こうとした際に痛みや違和感があるといった特徴があります。一番症状が重い真性包茎は、亀頭と包皮が癒着している事で勃起をしただけでも激しい痛みを感じます。それぞれ分かりやすい特徴があるので、気になる方は一度確認してみて下さい。

包茎治療の必要性とは?

包茎をコンプレックスに感じている方の多くは、デリケートな部分である事から相談出来ず放置しています。日常生活には支障をきたさないので治療の必要がないと感じている方も多いですよね。しかし、包茎は性行為をする際に性病に感染するリスクが高かったり、通気性が悪い事で恥垢が溜まりやすいく悪臭を放つといったデメリットがあります。また、普段は包皮に包まれている事で刺激に弱く、早漏の原因になる事も珍しくありません。メリットがほとんどなくデメリットが多いといった点から治療が推奨されています。

包茎治療には複数の方法がある?

包茎治療には、自宅で行うタイプと病院で治療を受けるタイプの2種類があるんですよ。インターネットの通販等で治療グッズを気軽に購入出来、誰にもバレない事から自宅での治療を選択する方も多いですが、慣れない器具の使用で怪我をしたり症状の緩和には効果があっても完治させる事が出来ない商品が多い事に注意が必要になります。一方、病院での治療は安全に完治させる事が出来るといった魅力があります。また、自然な仕上がりとなり見られてもバレる心配がありません。自宅で行う治療よりも高い費用が必要になりますが、安全性や仕上がりの満足度の高さから利用者が増えているんですよ。

包茎の場合、見た目に対してコンプレックスを抱えている人も多いですが、適切な治療によって改善を図れるため、コンプレックス解消につながります。