工夫でもっと便利に!LED照明の特徴が活きる使い道

寿命の長さに着目したLED照明の活用術

LED照明は、白熱電球や蛍光灯とは違った性質を持ちます。そこで特徴を理解し、活用できる場所に上手く利用するのがコツです。LEDの特徴は長寿命な点にあり、交換のサイクルが長いメリットがあります。そこで照明装置の交換作業が面倒な場所へは、優先的にLED照明を使うといいでしょう。高い天井の照明やなど手が届きにくい場所の照明装置はメンテナンスが大変であるため、LED照明が持つ長寿命の特徴が最大限に活きますね。

スイッチを入れてすぐ点灯するLED照明の特性

LED照明が良い点は、電源を入れてすぐに点灯する点にあります。蛍光灯の場合には、完全に点灯するまでに時間が掛かるのが難点です。また蛍光灯は、頻繁にスイッチを切り替えることで寿命が短くなってしまいます。その端でLED照明は、繰り返しの点灯にも強い性質を持ち、寿命に対する影響は少ないです。例えばトイレや廊下などの照明は頻繁にスイッチを切り替えることが多く、LED照明を利用した方がその性質を活かすことができるでしょう。

紫外線を出さないLED照明の積極的な利用

LED照明の注目できる特徴の一つとして、ほとんどの製品は紫外線を出さない事が挙げられるでしょう。紫外線は色褪せなどの原因となり、人間の体にも悪影響を及ぼします。紫外線を出さないLED照明を使えば、色の劣化や健康被害を未然に防ぐことができますね。また紫外線を含まないLED照明は、虫を誘わない性質を持つ点にも注目できるでしょう。ただしLED照明であっても、一部には紫外線を含む製品があるため注意しなければなりません。

LEDライトパネルは、5万時間を越える長寿命と高い耐衝撃性能が魅力です。このような魅力があることから、商業施設や工場など多くの場所で活躍しています。